R5 熊本私立高校に専願で合格された皆様へ ~ここ2カ月が飛躍の時です~

昨日書きました合格発表の結果です。1名不明でしたが、風の噂によると国府高校(普通科)奨学Cに合格されたようです。本人から直接聞いたわけではないので、決定というわけではありませんが。不合格の生徒さんも、一般入試で受験する高校を決めて、勉強開始です。

さて、専願入試で合格された皆さん、高校入試から解放されてほっと一息ついている頃でしょう。しか~し、そのまま高校入学までフワフワしているつもりですか?難関大学を目指されているのであれば、もう大学入試では「負けた状態」でスタートしなければならなくなります。何を言いたいかというと、全国の高校1年生の中では遅れてスタートするということです。

高校入試と異なり、大学入試は全国大会です。皆さんが戦わなければいけないのは、全国の猛者たちです。中高一貫校で、すでに高校1年生を終えている生徒さんもいます。このような全国のライバルたちに追いつくためには、この2カ月がとても大事な期間になります。

まずは、中学の範囲の国数英を復習しましょう。基礎ができていなければ、高校の先取勉強をしても理解できません。失礼かと思いますが、専願入試を受けられた方は、何らかの不得意科目があったからだと思われます。国語ならば漢字・語句、英語ならば単語・熟語・英文法、数学ならば計算を中心に、今まで使っていた問題集を総復習してください。完成したかどうかを確認するために、公立高校入試問題を解きましょう。35点(50点中)以上取れれば、完成したと思ってよいです。

それが終われば、いよいよ高校の先取勉強に入ります。期間が短いため、英語の先取だけをしていきます。数学は学校の教科書をもらってから、教科書ガイドを用いて予習をしていきます。英語の先取をどのようにやっていくかです。まずは、「ターゲット英単語19000・英熟語1000」を最低でも2カ月で8割は覚えてください。単語を見て、赤字の意味1個だけ覚えればよいです。「いくらなんでも、2カ月では無理でしょう」と言っているそこのあなた!!これぐらいできなければ、難関大学を受験するのはあきらめましょう。受験には向いていません。実際、当塾に入塾された高校2年生の生徒さんは、1カ月で覚えております。人間やればできるのです。

単語・英語をやりつつ、英文法書を読みながら「スクランブル英文法」をやっていきましょう。これらをすべて終わるまでに3カ月は考えておいて下さい。学校が本格的に始まる5月ごろには終わりたいですね。

自分でやるのは難しいと思われる生徒さんは、ぜひ当塾の「1カ月無料体験」に来てください。特に私立文系3教科入試で、早慶上智・MARCH・関関同立を狙われる生徒さんを優先的に受け入れます。高校入試では悔しい思いをされた生徒さんも、大学入試では逆転できます。そのためには、今から少なくとも4時間は勉強する必要があります。高校入試から間が空けばあくほど、せっかく身についた学習習慣も消えてしまいます。各学年の定員は、6名です。すでに、2名ほどが高校でも通塾することが決まっています。残り4名ですね。ワカスクで、すぐに大学入試の準備を始めましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました